• ホーム
  • 動脈硬化改善はED治療に有効なのか

動脈硬化改善はED治療に有効なのか

動脈硬化が改善されることはED治療にも有効に働くということなのでしょうか。
男性は高齢になるにつれて一般的にEDの発生率が高くなっていく傾向にありますが、実はEDになる原因の1つに動脈硬化も関係しているのです。
例えば喫煙をしていたり、食生活が乱れていたり、糖尿病を発症してしまったりすることによって血管の機能が低下してしまうと悪玉コレステロールが血管に入りこんでしまう可能性が高くなります。
悪玉コレステロールが入り込んでしまうと脂肪性のデキモノができやすくなってしまいます。
さらにこのデキモノが大きくなると血管が詰まったり、血流が悪くなったりします。
この状態を動脈硬化と言いますが、実はデキモノで血流が悪くなるということはペニスの血流にも悪影響を及ぼすということなのです。
どういうことかと言いますと、ペニスの血流が悪くなるとEDになる可能性が高くなってしまうのです。
つまり動脈硬化を引き起こしてしまうとEDになりやすいということなのですが、見方を変えると動脈硬化にならなければEDも改善していくということなのです。
ではどうしたら動脈硬化の発生を防ぐことができるのでしょうか。
まず日々の食生活において動物性タンパク質をあまり摂取しないようにすることが求められます。
次にもし現在喫煙しているのであればタバコの本数を少しずつ減らしていくか、思い切って禁煙にチャレンジしてみることをおすすめします。
それ以外にも定期的に運動することを考えてみてください。
ジョギングでもウォーキングでも水泳でもかまいませんが、初めは慣れるために少ない距離から始めて徐々に距離を伸ばしていくことをおすすめします。
初めから無理な運動をする必要はありませんが、必ず定期的に行うようにしてください。
そうすればコレステロールの値が下がってくるのでEDの症状も改善していくものと思われます。